このサイトではこれから結婚式を控えている方に対して、様々な結婚式に関する質問や最新のトレンドなどを幅広く紹介しております。
今回は前撮りとして多くの方が利用している、ウェディングフォトでよくある疑問点や質問を一つずつ丁寧に説明をしていきます。
わからない部分などをしっかり理解して、納得のいく写真を撮影しましょう。
前撮り写真は季節や撮影場所を自由に指定することが出来るので、フォトプランナーと相談しながら2人の記念になる写真を撮ることが大切です。

ウェディングフォトでよくある疑問を紹介します!

ウェディングフォトでよくある疑問を紹介します! ウェディングフォトを利用する方からよくある疑問としては、ドレスに合わせるヘアメイクなどは理想通りに仕上げてもらえるのかという点にあります。
これはウェディングフォト撮影をする依頼する場所にもよりますが、フォトプランナーと一緒に専属のヘアメイクが相談に乗ってくれる場合が多いので、あらかじめドレスと一緒にヘアメイクの希望も伝えることが出来るので、希望通りの仕上がりにすることが出来ます。
ヘアスタイルに具体的な希望がある場合は、あらかじめスマートフォンなどで画像などを用意しておくと安心です。
また撮影時の小物やブーケ、アクセサリーはレンタルすることが出来るのかという点は、レンタル出来る物もあれば各自で用意する必要がある物もあり、レンタルの場合は無料の場合と有料になる場合があるので、事前に撮影時の小物に費用がかかるのか確認しておくようにしましょう。

結婚式前に撮影するウェディングフォトとは

結婚式前に撮影するウェディングフォトとは ウェディングフォトは結婚式の前撮りや後撮りとしてドレスやタキシードなどを身につけて、屋内のスタジオや屋外の様々なロケーションでプロのカメラマンに写真を撮影してもらうサービスです。
最近では挙式をしないけれど、ウェディングドレス姿や和装を記念に残したいという方にもウェディングフォトが利用されています。
結婚式当日に写真撮影をする方法もありますが、当日や後日になってしまうと撮影は限られた時間で行う必要があるため、納得のいく仕上がりにならないデメリットがありました。
そのためウェディングフォトは一般的に結婚式の前撮りに行う方法を利用するカップルが増えてきています。
前撮りを行うメリットとしては、専属のカメラマンがマンツーマンで対応してくれるので、様々なシチュエーションで写真を撮ることが出来ます。
他にも結婚式当日に着る衣装とは別の衣装で撮影することが出来るので、式当日には身に着けられないこだわりのデザインのドレスも着用出来るチャンスがありますし、2人の思い出の場所や好きな季節に合わせて写真撮影をしたいという場合にも、カメラマンが希望に合わせて対応してくれるとして人気があります。
結婚式はドレスで、ウェディングフォトは和装など衣装を変更することも可能です。

ウェディングフォトにデメリットはあるのか?

ウェディングフォトは人と接することが出来ないこの時代、とても人気があります。
でもウェディングフォトにもデメリットはあります。それは外での撮影の場合、天候に左右されるということが挙げられます。
例えば良く晴れた日に青い海と空をいれて撮りたいと思った時、雨が降ればその撮影はできなくなってしまうこともあるということです。
自然光の光の加減で思うような写真が撮れなかったり、汗をかいてしまってメイクが崩れてしまうということが起こるかもしれません。
また自分がヒロインになって一世一代のきれいな衣装を着てメイクをしてもらっても、誰にも見てもらえず寂しいと思うかもしれないということもあります。
費用は安く抑えられるのは良いのですが、やっぱりお祝いムードを味わいたかったと思うかもしれません。
ウェディングフォトのメリットやデメリットをよく考えて、どちらが自分たちに合っているかを考えて、思い出に残る素敵な結婚をしてください。

ウェディングフォトでよく見られるトラブルの事例

ウェディングフォトのトラブルは、事例を知っておくことで予防対策ができます。よく見られるのは、化粧やヘアメイクが思うようにいかないという問題です。
当日までに衣装合わせはしていても、メイクや髪型に関しては予行演習をしないケースが多いです。
そのため、思ったのと違う感じになってがっかりしてしまうことがあります。化粧やヘアメイクのトラブルを防ぐには、事前に希望する雰囲気や使用する髪飾りについてしっかり打ち合わせしておくと良いでしょう。
また、データー料金や小物レンタル代などが有料だと聞いておらず当日になって請求額に驚く人もいます。
費用面においては、細かいオプション料金まで事前に確認することが重要です。
見積もりをもらえるときには、内訳詳細とオプション費用もきちんと明記してもらう必要があります。
予算オーバーしてしまい慌てたりイライラしたりしないように、揉め事のない楽しいウェディングフォトにしたいものです。

ウェディングフォトの人気プランを利用するメリット

結婚式自体は式場を利用するだけでなく、写真撮影のみという点でウェディングフォトを利用するカップルも増えてきています。
式を挙げるとなるとそれなりにまとまった出費が発生しますが、予算を抑える事ができより希望通りの写真が残せるというのも人気の理由です。
実際にウェディングフォトをプランとして提供している場合は多くありますが、その中には人気プランがお勧めらされている事は多いです。
数あるプランの中から人気のプランを選ぶ際のメリットとして、納得できるプランが手軽な価格で利用できる点が多い事があります。
洋装と和装の両方を同時に楽しめる場合や、オプションを自由に2つまで付ける事ができるといったサービスなどは魅力です。
魅力があるサービスがまとめられているプランとなっている事が多く、何よりも人気だからこそリーズナブルな価格設定になっている場合もあります。
なぜ人気なのかという理由を考えると、やはり魅力的なサービスを一度に利用できる場合が多いと判断可能です。

ウェディングフォトでのスポットを選ぶポイント

結婚式を挙げるだけでなく思い出として残すため、ウェディングフォトを利用するカップルはとても多いです。スタジオだけで撮影するのではなく、最近では希望する屋外での撮影ができるのも魅力となっています。
実際にウェディングフォトで屋外での撮影を希望する際に、写真を撮るためのスポットを選ぶ事が必要です。
実際にスポットを選ぶうえでのポイントに、スタジオ側が用意している場所の利用です。
スタジオが既に許可などをとった上で写真撮影ができる場所はいくつか用意されており、そういった場所はスムーズに写真が撮れるのが魅力です。
カップルの思い出の場所を選ぶという方法も、有効的な場所選びの1つとなります。
撮影風景としてより魅力的となるのが観光地といった人気の場所なども、思い出の写真に残す上では魅力のある場所です。
もちろん撮影許可が必要な場所もあるので希望の場所全て写真が撮れるというわけではありませんが、ポイントを抑えて決める事でより素敵な写真にする事が出来ます。

ウェディングフォトを利用する際の業者選び

結婚式の思い出を形として残す方法に写真があり、ウェディングフォトを利用するカップルは多いです。
逆に結婚式を挙げる事はせず、ウェディングフォトのみで済ますという場合もあります。
実際に写真スタジオを営業している業者は数多くありますが、実際に選ぶ上でのポイントを把握しておく事が大切です。
まず写真スタジオは数多くありますが、全てがフォトウェディングに対応してるというわけではありません。
よりこだわりのある結婚式の写真を希望するのであれば、まずはウェディングフォトをプランとして利用出来る事が前提となります。
次に用意されているプランの種類も違いがあり、プランの内容と費用を含めて比較する事が必要です。
屋内や屋外での撮影ができるかどうかは、業者が提供するサービスによっても大きく異なります。
実際にウェディングフォトを行った実績が長いスタジオを選ぶのも、様々な要望にこたえてきたと判断する事ができより信頼して利用する事に繋がります。

参加型のウェディングフォトのメリットとは

近年は結婚式や披露宴は挙げずに、記念写真のみを残すウェディングフォトが人気を集めています。
ただこういった記念写真では新郎と新婦2人だけが写っている写真が定番となっていましたが、最近では大切な人達と記念写真を撮影したいと考えるカップルも増えており、家族やペット、友人たちも含めた参加型スタイルが人気です。
2人の間にお子さんがいる場合は、3人で思い出の残る写真を残すことができますし、両家の家族全員と一緒に記念写真を撮れば家族団らんのひとときを過ごしながら、全員にとって大切な思い出の瞬間を写真にすることができます。
参加型のウェディングフォトに対応しているフォトスタジオでは、新郎新婦の衣装のレンタルはもちろん、留め袖やモーニングなど親御さんの衣装やヘアメイクも対応することが可能なので、衣装を準備することができないという場合も安心して任せることができます。
撮影場所もスタジオから、2人の思い出の場所や家族全員が映えるスポットを選んでのロケーション撮影まで対応してもらえます。

ウェディングフォトを選ぶカップルが急増している理由

近年若いカップルを中心に結婚式をせずにウェディングフォトを選択するケースが急増しています。
ウェディングフォトの最大の特徴は、結婚式や披露宴を行うよりも大幅に費用を抑えることができることにあり、結婚後の生活費や育児費用などを考えて予算を抑えたいと考えている人が増えていることも大きな理由の一つです。
また結婚式は挙げないけれど、2人にとって記念となる写真を残しておきたい、若いうちにウェディングドレスや、白無垢を着てみたいという希望を手軽に叶えてくれることも大きな魅力の一つです。
そしてかかる費用も平均で3~10万円と、結婚式を挙げるよりも安価なのでウェディングドレスの他に和装など複数の衣装を着用して撮影をすることも可能です。
ウェディングフォトの魅力は価格の安さだけではなく、スタジオ撮影の他にも2人にとって思い出の場所で撮影を行えるロケーション撮影にも対応してくれるなど、自由度が高いのも人気につながっています。

ウェディングフォトをお願いするカメラマンの選び方

結婚をする2人の姿をプロのカメラマンに依頼して撮影してもらえるウェディングフォトは、前撮りから結婚式や披露宴の代わりとして利用するカップルが増えてきています。
一生に一度の記念になる写真を撮影してもらうためにも、お願いするカメラマンはできるだけ信頼のできる人にお願いしたいという方は、依頼する前にどこに気をつけて選べばいいのかなど選び方のポイントを事前にチェックしておくことがおすすめです。
選び方のポイントとしては、その人が過去に撮影したサンプル写真をチェックして好みの雰囲気で撮影できているのか確認するようにします。サンプル写真が満足いくクオリティだった場合は、実際に本人に連絡をして直接お話をする機会を設けるようにしましょう。
記念写真では撮影者とコミュニケーションをとりながら撮影をしていく必要があり、相手との相性の良さは仕上がりに大きく影響を与えます。実際に話をしてみて接しやすい人だったならば、当日もリラックスした自然な笑顔のウェディングフォトを残すことができます。

ウェディングフォトでおすすめのフォトフレームを使用したポーズ

青空のビーチなどお気に入りのスポットで撮影するウェディングフォトは非常に人気がありますが、ウェディングフォトを撮影する際に悩んでしまうのがどんなポーズをすれば雰囲気の良い1枚が撮れるのかという点です。
ウェディングフォトに向いているポーズは複数ありますが、屋外で撮影する場合景色も含めておしゃれな1枚にしたいというカップルにおすすめするのがフォトフレームを使用したポーズです。
フォトフレームを用いたポーズは、主にビーチフォトでは定番となり、フレームの中身を取り除いたものを用意して2人で持って撮影をしたり、遠近法を利用してフレーム越しに2人のポーズが収まるように工夫をするなど、幅広い演出が行えるメリットがあります。
青空のビーチで撮影することで、青い空と海が広がる美しい砂浜とフレーム内に収まる2人の姿は1枚のアート作品のように見えるなどおしゃれに仕上がります。
使用するフレームは定番の白いタイプを使用したり、流木で作った木製のものはカジュアルな印象となります。

ライブハウスなど特別な場所でウェディングフォト撮影

結婚式には様々なスタイルが生まれており、プログラムに限らず結婚式をする場所の選択肢も増えているなど意外な場所でユニークな結婚式を挙げるカップルも少なくありません。
最近では結婚式や披露宴を行わずに、記念写真のみを残すウェディングフォトを選択するカップルも増えており、撮影をする場所も2人の出会いの場所やお互いの共通した趣味が反映されたロケーションが選ばれる機会も増えてきています。
例えば2人の共通する趣味の一つが音楽で、デート場所でライブに行く機会が多かったなど思い出深いライブハウスがあるというカップルは非常に多いです。
近年は結婚式やフォトウェディングに対応したライブハウスも登場しており、ロケーション撮影に対応してくれるカメラマンに依頼することでお気に入りの場所で2人だけの思い出一杯の結婚写真を残すことができます。
会場ならではのライティングを活用して、色々なポーズで特別なウェディングフォトを残すことができるとして人気を集めるスポットになっています。

海外でのウェディングフォトを成功させるために

映画のようなロケーションが人気の、海外でのウェディングフォト撮影にはいくつかの注意が必要です。
まず、海外での事務所やスタジオがどこまで事前準備を行ってくれるか、きちんと把握しておきましょう。
衣装・ヘアスタイル・メイク全てが揃っているとは限りません。場合によっては、ウェディングフォトのために自分でメイクを行うケースもあります。
国内に相談出来るカウンターがあるか、いつでもメール等で質問出来るかも大事です。
外国でのウェディングフォト撮影を成功させるには、プランが自分たちにマッチしているものかを確認した上で契約することが大切と言えます。
近年はSNSなどから写真を見つけ、そのままウェディングフォト予約を行えるスタジオもあるため、インターネットでの検索は欠かせません。
自分たちのイメージを的確に伝えるためにも、日本人スタッフが在籍していることが望ましいと言えます。
もしくは、日本語が理解出来るスタッフがいることが条件となるでしょう。

ウェディングフォトで使用するグッズについて

ウェディングフォトを撮影する場合、小道具はオプションでレンタルしてくれるところもありますが、細々したものは自分たちで準備して持ち込みという所が多いです。
もちろん、二人の思い出のアイテムとして楽器や車、バイクなどと写真を撮っても素敵ですし、結婚しましたなどメッセージの書かれたガーランドを掲げると年賀状やお知らせに役立ちます。
今は通販でも色々とグッズが販売されているため、和装の時には扇子、ドレスの時にはブーケなど自分達の好みで準備をすることが出来ます。
前撮りのウェディングフォトであれば、その時に使用したグッズを結婚式場のウェルカムスペースに飾ったりすることも可能です。特にブーケなどは好みがわかれるポイントだと思うので、自分でイメージすると安心です。
ウェディングフォトは写真を撮影する時間が比較的ゆっくりとれるため、こんなポーズを撮ってほしいといった撮影指示書を準備して、カメラマンさんに自分たちのイメージを伝えながらするのがおすすめです。

ウェディングフォトの加工は依頼することが出来るのか

素敵なウェディングフォトにしたいという希望から、画像加工を依頼したいと考えるカップルも多いでしょう。
ウェディングフォトスタジオでの画像加工は、通常時でも受付しています。全体の雰囲気を明るくする色調補正や、余計なものの映り込みを削除する消去作業などは無料で行われていることが多いものです。
注意したい点は、スタジオによっては花嫁もしくは花婿の顔や体型をレタッチするような作業には、オプション料金が発生する可能性があるというところでしょう。
ウェディングフォトの修正をする前に、元データと修正後データの画像確認を行うことは非常に大切です。
加えて、色味の補正に関しても温かみのあるもの、クールな印象を与えるものなど複数のパターンから選ぶことが出来ます。
自分たちがどのようなイメージでウェディングフォトを残したいのか、意識合わせをしておくことが大切です。
ほとんどの場合、スタジオ側はもともとのデータをそのまま渡してくれます。
あとから修正することももちろん可能です。

美しいウェディングフォトを撮影したいならプロにおまかせ

大好きな相手と結婚することができれば、これ以上の幸せは無いと思えるほど最高の人生が始まる瞬間になると思いますが、その幸せな一瞬を絶対に逃さず後世まで残していきたいと希望しているのであれば、ぜひプロのカメラマンが直々に撮影を行ってくれる質の高いスタジオを利用してウェディングフォトの依頼をしてみることをおすすめします。
なぜウェディングフォトの撮影をするのにスタジオを利用するのが一番良いのかと言うと、利用できるサービスがかなり充実していて最高の写真を撮影することが簡単にできてしまうからです。
プロのカメラマンなら被写体の一番美しい瞬間を逃さずに撮影することができますし、必要なドレスやメイク、ヘアセットに関しても全てコースの中に組み込まれていることが多いので、ただ依頼するだけで必要なもの一式が揃って理想以上のウェディングフォトに仕上げていくことができる点も大きな魅力の一つになっています。
ただし、予算がかなり高くなってしまうことがあるので、想像していたよりもはるかに高くなってしまわないようにコース選びは慎重に行っていってください。

ウェディングフォトをお得に割引で実施するには

ウェディングフォトを撮影したいけれど、少しでもリーズナブルにしたいといった場合は、外部のスタジオで撮影するのもおすすめです。
結婚相談カウンターなどと提携しているドレスショップであれば全体の割引や、ドレスの割引などを受けられる場合があるため、ウェディングフォトをお願いするスタジオや式場にどんな特典があるかなど、口コミサイトをしっかりとチェックしてお願いするのもおすすめです。
また、ドレスや和装が好みの物がなかった時のために、持ち込み料がかかるかなどは意外と大切なチェックポイントです。
ウェディングフォトは、スタジオで撮影するかロケーションフォトにするかでも価格がかなり変動しますし、カット数などでも変わります。
可愛いドレスは新しいものだったり、追加で料金がかかる場合もあるため、ドレス選び放題などの特典がついていれば、そちらを重要視するのもおすすめです。
自分たちに合っているプランは何か、しっかりと見極めるのが大切です。

もっとフォトウェディングを知りたい

石垣島 フォトウェディング